旬のお勧めコーディネイト
旬のお勧めコーディネイト
季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
弊店の着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています。
ほんの少しのさじ加減で、見せたい自分、有りたい自分も変わります。
ご参考になれば幸いです。中には、季節をまたがってお使いいただける品もございます。
えり新オリジナル付下(銀彩蝶華紋/紫苑色)と袋帯(菊華菱文)のコーディネート例

丸紋の煌めきを

綺麗な紫苑色の地に浮き上がる銀彩蝶華紋。 弊店オリジナルとして図案から新しく興した蝶華紋を、この...

コーディネート「暈かし無地(蒼き海)に袋帯(亀甲更紗/滋賀喜織物)」

紺碧の麗しさ

深く美しい碧の組み合わせです。 数多の碧を重ねながら、表情豊かな碧のグラデーションを堪能いただけ...

竺仙江戸小紋(木賊よろけ)に塩繭九寸織名古屋帯(勝山健史)

木賊よろけの江戸小紋

浅野榮一さんの新境地、木賊よろけ柄の江戸小紋に、勝山健史さんの織名古屋帯を合わせました。 勿忘草...

小紋(華文)に九寸織名古屋帯(市松波唐花)のコーディネート

紫&イエローで明るく

濃地のお着物を年明け仕様に明るくするには、帯や小物で変化を付けるとよろしいですね。 この度は、華...

霞に正倉院柄の付下訪問着と洛風林袋帯のコーディネート

軽やかな付下訪問着

小紋では重みが足らず、色無地だと物足りない。 でも重厚な付下や訪問着ほど仰々しくは装いたくない。...

寿ぎの初春に

寿ぎの初春に

年が明けると、薄い色合いのお着物に目がゆき、お袖を通したくなりませんか。 冬至を過ぎ、少しずつ日...

付下訪問着(光琳松)に富貴唐草文袋帯

光琳の松と富貴な牡丹

薄グレイ色の地に描かれた真白な光琳松。 光琳が描いた松は当時の最先端、かなりモードなデザインだっ...