工房探訪&着心地ご案内
工房探訪&着心地ご案内
お世話になっている作家の先生方や職人さんの工房をお訪ねした様子をご紹介する工房探訪。
お客様や"すずめ"が実際に纏ってみて感じる着心地や質感などをご紹介する着心地ご案内。
ご参考にしていただけましたら幸いです。
吉野間道御召(文人茶)着姿

吉野間道御召に生紬染帯

吉野間道と銘が付いたこの着物は御召の一種です。 薄手で且つコシがあり、適度なシャリ感がある風合い...

明石縮

明石縮

透け感が少ないので、早駆けの単衣としてもお勧めしている夏織物の一つが明石縮。   ”蝉...

 

シンプルな着物や帯

何気ないシンプルな着物や帯。 シンプルであればあるほど、そのものの持つ力が問われるものですね。 ...

 

小千谷縮

5月から8月をメインに着用している小千谷縮。 弊店が小千谷縮をお勧めしている理由、  ...

 

夏御召

夏向きに織られたお召を夏お召と総称いたしますが、 こちらは、京都西陣の中で丁寧に製織されている貴...

 

雪花絞り浴衣

  鮮やかで華がある雪花絞りの浴衣はとてもきれいです。 が、お若いお嬢さま方向きだと思...