11月中旬を過ぎると街中も華やかにクリスマスムードも高まりますね。

それでなくとも年末年始は着物でお出かけの機会も多く今年も楽しみです~♪

 

お洒落着では、小紋や紬にお勧めの織名古屋帯を一点ご紹介させていただきました。仲間内のお出かけやクリスマス会に♪
そして、盛装着には、この帯締め一本で確実にクラス感が上がる重厚な貝ノ口組の帯締めを2点ご紹介させていただきました。

さらりとまとめたい時にはゆるぎの紐や御嶽組がお勧めですが、そうではなく、豪華に、晴れやかになさりたい時には貝ノ口組がお勧めです。

 

《 会員様へ 》 ポイントに有効期限はなく、期が変わっても&いつでもお使いいただけます。 ご贔屓いただくお客様方により楽しく&お得にお買物を楽しんでいただきたく始めたポイントUP♪ 是非ご活用いただけますと幸いです。

 

ポイントご優待プログラムのご案内  会員登録はこちら  ログインについて

スタッフ募集  仕立て師さん募集

Coordinate
Speciality
Making an order
Remake
Atelier & Comfort guidance
Photo of memories

お洒落紋のお誂え お客様オリジナルデザイン(東京都 T様)

着物は、綺麗な鶸色の江戸小紋、浅野榮一さん(竺仙)の作品です。 浅野さんが染める縞は恐らく当代一、といっても過言ではございませんね。   手付の縞が映し出すドレープ感や陰影は格別のものであり、 この度は...

冬のお呼ばれ真綿紬

肌心地や着心地が良く、着ている本人が何より嬉しい。 それが真綿紬の良さですね。   その一方、垂れものと比べ、紬は光を反射しないので、お顔映りが落ち着きがち。 「紬はあくまでも普段着です」と従来の着物セ...

士乎路紬(しおじつむぎ)

士乎路(しおじ)紬。 古くは能登半島が別名「志乎路」と呼ばれていたことから命名された紬で、能登で生まれた真綿紬です。   高分子工学の専門家であり、日本の製糸産業を支えてこられた水島繁三郎氏が、当時高額...

光琳の松と富貴な牡丹

薄グレイ色の地に描かれた真白な光琳松。 光琳が描いた松は当時の最先端、かなりモードなデザインだったのでしょうね。   何年経っても褪せることなく、その造形美、グラフィカルさはとてもモダンですね。 染め屋...

湯本エリ子さん《友禅》

私共の記録、アーカイブとしても綴っております「工房探訪」。 この度は、湯本エリ子氏の工房を訪れた2012年9月の取材記を掲載させていただきました。     アトリエは京都亀山。 田園と山に囲ま...

灰梅色のみさやま紬にレトロ可愛い染名古屋帯

ベージュの数色をブレンドしていただきながら、無地着尺として織り上げていただいた灰梅色のみさやま紬(三才山紬)に、紬地の染名古屋帯を合わせています。   こちらの染帯、なんともいえないキュートさのステキな...

店舗情報

趣味のきもの えり新(株式会社 呉服えり新)
住所: 〒670-0923兵庫県姫路市呉服町45番地
電話&FAX : 079-288-6616
営業時間 : 10:00〜18:00 (それ以降はご予約にて)
定休日 : 毎週火曜日 & 第1・第3水曜日 年末年始及び夏期休業有り
店舗について詳しくは、こちらの【店舗紹介】をご覧ください。