「バティック&アジアの染織」展

「バティック&アジアの染織」展、27日(月)までです。お気軽にお立ち寄り下さい。

25日(土)から開催させていただいておりますバティック&アジアの染織展。
弊店初のご紹介でしたが、お陰様でとても喜んでいただきまして、まずはほっとしております。
会期は月曜日まで。是非ご覧になりにお出ましくださいませ!

 

2階会場入ってすぐのコーナー。

 

「バティック&アジアの染織」展
タイのパクトンチャイの名古屋帯と半幅帯をメインにご紹介しています。
黄色の繭を生繰りした糸を手織りして作られているので、軽くて薄いのに張りがあり、締め心地良好。
艶感もあって、とてもプチプライスとは思えないスグレものです!
「良質の品をお求めやすくご案内させていただいて、良いものは良い、その違いを知っていただきたい」という製造元の熱き思い、ミッションが込められたお品なのです。

 

 

私も締めさせてもらっています。

 

「バティック&アジアの染織」展・着姿
後ろの展示品は、綿に染めた手描きのバティックで、現地ではサロン用の布だそう。
プリントではない本物のバティック。
ローケツですから、線を筆で描いたわけではないのです!驚きですよね~。
向かって左はトラディショナル、右は繊細な手仕事なのに可愛い柄が女性作家らしい作品。

 

「バティック&アジアの染織」展

 

「バティック&アジアの染織」展
手描きの精緻なバティックの名古屋帯やジャガードバティックの名古屋帯、またパクトンチャイの手織りの布の着物地など、いろいろとご用意しています。

 

会期は月曜日27日まで。
どうぞ姫路にいらした時には覗いてみてくださいませ。

 

 

 

 

 

展示会のご案内『BATIK &』バティック&アジアの染織

明日からの「バティック&アジアの染織」展、お気軽にお立ち寄り下さい。

「バティック&アジアの染織」展、25日(土)~27日(月)まで、えり新店舗1・2階にて開催いたします。

 

バティックファンやコレクター、アジアの布好きの方にとっては溜まらない会。

バティックの道具「チャップ」はその道具自体が芸術品だなとしみじみ拝見いたしますし、0番のチャンティンも、これのどこからロウが出てくるの? と見えない位の細かさで、手仕事の素晴らしさに感動します。
手仕事って素晴らしい!アジアは凄い。

 

是非皆様お誘いあわせの上、ご覧になりにいらしてくださいませ。
心よりご来店をお待ち申しております。

 

 

 

 

 

家庭画報別冊『きものSalon 2017春夏号』

『きものsalon2017春夏号』掲載の弊店の記事、きものSalon様サイトでも紹介されました。

展示会のご案内ページへ『BATIK &』バティック&アジアの染織

『バティック&アジアの染織』展、開催します。

今月3月25日~27日、えり新実店舗1・2階にて「バティック&アジアの染織展」を開催いたします!

 

圧倒されるような時間を経て丁寧に作られる珠玉のバティック、気軽に普段使いが出来るバティックや、テキスタイルとして自由に用途をお考えいただきたい布等々、楽しいアジアの染織の世界をお届けいたします。

 

是非皆様お揃いでお出ましくださいませ。ご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

展示会の詳細は、こちらをご覧下さい

 

展示会のご案内ページへ『BATIK &』バティック&アジアの染織

 

 

 

 

 

 

帯揚げ(丸に松竹梅)

松竹梅の帯揚げ

松竹梅の友禅柄がラブリーに染められた帯揚げ2点。
【掘り出し市】に出品中ですが、よりお求めやすくご案内しております。

 

特に意識せずとも(おそらく)何処かしらに柄は出てまいりますが、ここにこの柄を出したいからこう折り畳んで…と、トライしたくなりますよね。
松竹梅のお目出度い柄は、春のご入卒にも。
梅のぽちりとした「赤」、気分が上がりますよね!

 

【掘り出し市】帯揚げ(丸に松竹梅/2種)

 

帯揚げ(丸に松竹梅)

帯揚げ(丸に松竹梅)。ゆるぎ組帯締めとの組み合わせ例です。

 

 

▼掘り出し市情報のお知らせです。

 

唐子のお囃子を「掘り出し市」に掘り出しました。
リアルな唐子ちゃん可愛いです!

 

【掘り出し市】長襦袢(唐子のお囃子)

 

 

(byすずめ拝)

 

 

 

 

 

枝桜の帯留め/長谷川大祐・作

枝桜の帯留め、桜色の三分紐と合わせてみました。

皆さま、いつも有り難うございます。すずめでございます。

 

3月に入り、すっかり春めいてまいりましたね。
気温は冷たいものの空気の質が違いますし、陽射しが高くなってまいりました。

 

そろそろ桜の季節でございますね~。楽しみです♪

 

ということで、
この度も桜の帯留を御紹介させていただきます。

 

長谷川大祐さん作 の桜の帯留です。

 

帯留め(枝桜)/長谷川大祐・作

 

枝桜の帯留め/長谷川大祐・作

 

メタリックな質感と色に桜の可憐さと柔らかさ、この感覚が良いですよね。

 

帯留め(枝桜)/長谷川大祐

 

三分紐に桜色を添えています。
この三分紐、帯締め兼用にもなるスグレもので、よーくご覧頂くと、細い金線散らしを組み上げたお品なのです。

 

訪問着にもお使い頂ける三分紐でもございます。

 

(すずめ)

 

 

 

 

桜の帯留め(着物コーディネートに)

桜の帯留め

今日は、おひな祭り。
"あっ"という間に3月になりました。早い!
こちら姫路は、梅もちょうど見頃を向かえました。
各地に梅林が有りますが、皆様の所は如何でしょうか?

 

また、"あっ"

という間に桜も咲き始め、お花見の季節がやって来てしまいます…。(笑)
姫路城の桜もとても綺麗ですから、是非、機会がございましたら御来姫して下さい。

写真を撮るには、三の丸公園から入り、切符売り場手前 左の坂から見る桜と姫路城がお勧めです。

桜と天守閣の重なりが綺麗です!

 

ショッピングサイトには、幾重にも色を塗り重ね作られた桜の帯留めをご紹介しております。

上質な艶感が素敵です。

 

帯留め(桜の花びら)

 
桜の帯留め(着物コーディネートに)

 

桜の帯留め(着物コーディネートに)

 
着物コーディネートの何処かに季節感を入れると楽しいですね。

 

(店長)

 

 

 

 

色無地のお誂え・えり新別染め色見本

「無地を誂える」会、終了いたしました。

店舗での「無地を誂える」会、終了いたしました。ご来店の皆様、誠に有り難うございました!

 

白生地からの御誂えは、会期に関わらず、店頭&ウェブで常時承っておりますので、どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

竺仙江戸小紋(帯締めコーディネート)

実店舗にて「無地を誂える」会を開催中です♪

25日より27日までの3日間、実店舗にて「無地を誂える」会を開催中です♪
無地の御誂えは、平素から店頭でもウェブでも常時承っておりますが、この3日間はより多くの白生地をご用意しご用途に応じた地紋やお似合いのお色など、ご案内しております。いつかは…とお思いの方も、お気軽にご来店くださいませ。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

『旬のお勧めコーディネート』では、色無地としてお召しいただける玉縞の竺仙江戸小紋の組み合わせをご紹介いたしました

細い縞がもたらす豊かな布の表情、素適ですよね~♪

 

 

 

えり新別染め色見本

『無地を誂える』白生地のご紹介。

こんにちは。
いつもお世話になっております。
すずめでございます。

 

今週25日(土)から27日(月)まで、店舗にて開催させていただく「無地を誂える」
染め上がりの反物ももちろんご用意してございますが、基本は、様々な白生地の中から最適の一枚を選び、お好きな色に染め、お客様だけのオリジナルな色無地をご用意させて頂く、そのような会でございます。

 

この誂え染めは何もこの会期中に限ったことではなく、平素から店頭及びウェブにて承っているのですが、ご依頼頂くお客様と弊店とのやりとりになってしまいますので、店内に白生地を陳列し、ご覧頂ける機会を設けています。

 

色を選ぶのは難しく、白生地を選ぶのも難しい。
なので、染めてある反物を求めるのが分かりやすいし安心。

これが大方の皆様のご感想だとは思うのです。
染め上がり品でお気に入ったお品があれば一番ですよね。

 

しかし、染め上がり品では手に入れることが出来ない「色」があることもまた事実。
個性的な色はいわずもがなで、 透明感ある発色も誂えならでは、という側面がございますね。
白生地の柄自体、様々な模様からお選びいただけますからどなた様とも一緒にならない、オリジナルな一枚が出来上がります。

 

単純なようですが、染めの仕事は難しく、奥が深い。

仮に同じ色を染めたとしても、染めの度に多少なりとも色がずれるので、そのブレが好みの方向へ向くかどうかをご調整出来るかどうか。
また、色に対する感覚や感性も人によって異なりますから、その見極めも大切です。

結構、手間暇かかるものなのです。

 

そして、お届けまでに時間もかかります。

かように、ドキドキしますけど染め上がりまで楽しみですよ♪

いつかは…、と思われている方も、是非この機会に、御手にとってご覧になってくださいませ。

 

さて、ではいつくか白生地をご紹介してまいります。

 

まず始めの画像は、一反を23色のバリエーションで染めた弊店別染めの色見本反物です。

えり新別染め色見本
各色60cmの長さがございますので、お顔映りを充分ご確認いただけ、小さな見本裂から色を決める、あの難しさはなくなりますね。
で、この生地がとても発色が良いのです♪
経が駒撚りの羽二重、緯糸には御召緯を使った生地で、発色が抜群の上、シワにもなり難いすぐれモノ。
この艶感こそ、”地味なお色でもくすまない”レフ版効果を生むのです。(笑)

 

続いての画像は、両面染めの無地。両面違うお色を染めて、チラ見せ効果を。
お単衣にお勧めです。

両面染め色無地

 

こちらは、伊と幸さんの最高級ブランド「又昔」。

伊と幸「又昔」白生地
当然乍ら、染め付きが良いので深みがあり、気品のあるお色に染まります。
お値段は少々お高めなので、大切なお席にお召し頂く紋付きとしてご用命頂く事が多い生地です。

白生地三種
向かって右がお単衣向きの縦しぼが特徴の楊柳生地。
流水の地紋柄ですから、染めるだけで地紋が浮き出て、ステキなお単衣着に。
中央と左は小付の地紋柄の白生地です。
共に唐草系の地紋で季節や帯を選ばず、柔らかい雰囲気に。重宝にお使いいただけますね。

お洒落系の白生地です。

大柄地紋白生地
向かって右は大きな花更紗で、中央は飛び柄、そして左は糸菊です。
いずれも洒落着向きの柄ゆきで、素適な小紋が出来ますね。
コートにもよさそう♪

桜柄白生地

向かって右は、桜の花びらがひらひらと舞う白生地。
中央は小桜地紋で、向かって左は菱に牡丹の正倉院柄。
正倉院柄は格高く、桜地紋は優しく染め上げて。

鳳凰地紋・七宝繋ぎ地紋、白生地

鳳凰と七宝繋ぎの地紋です。有栖川文様等の動物柄や割り付け文様も人気の高い地紋です。

染め上がり品もご用意しています。

色無地三種
ニュアンストーンに染め上げた名物裂の地紋柄。
八掛付きです。

誂え染めは実はとてもリーズナブルでもあるのです。
白生地のお値段は48,000円(税抜)から各種ご用意しておりますので、
染め代とお仕立代を含めても15万円(税抜)未満で上質の無地をお手元に。

良い生地&良い色に染まった無地のお着物はとても綺麗で品良いですよね。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

色無地の会の詳細を見る

 

 

 

 

 

色無地のお誂え会『無地を誂える』

色無地のお誂え『無地を誂える』2月25日(土)~27日(月)店舗にて開催いたします。

色無地のお誂え会『無地を誂える』

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
会期:2月25日(土)~2月27日(月)

場所:えり新店舗にて
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 

今週末から開催させていただきます!
弊店好みの白生地を取り揃え、皆様揃ってのご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

ここ最近、こだわっておりますのは生地の艶。
レフ版効果と申しますか(笑)、綺麗な艶感ある無地ってやっぱり綺麗だなあと思うのです。

 

昔の色無地のような「いかにも艶」ではなく、適度な艶を目指しています。
そして、もちろん照りがあまりない落ち着いた白生地等もいろいろとご用意しておりますので、ご期待下さいませ。

 

誂え染めは難しい、と躊躇なさる方もいらっしゃるかと存じますが、「誂えるからこそ手に入る色」は確実にございます。

 

また、お顔に当ててご覧いただける大きめサイズの【えり新好みの色見本】が染め上がりましたので、
分かりやすいかと存じます。

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

 

催しのお知らせ『 無地を誂える 』 2月25日(土)~27日(月)のページへ

 

 

 

 

 

家庭画報別冊『きものSalon 2017春夏号』

『きものsalon2017春夏号』の「行ってみたい噂の呉服店」p.153に掲載されました。

前号(2016-17秋冬号)に引き続き、2月20日発売の『きものsalon2017春夏号(2月20日発売)』の153ページ「行ってみたい噂の呉服店」に掲載されました。是非ご覧ください。

 

 

 

家庭画報別冊「きものサロン」えり新掲載

家庭画報別冊『きものSalon 2017春夏号』p.153 「編集長が行ってきました! 行って見たい噂の呉服店 2017春夏編」

 

 

M様の帯の御誂えを取材していただきました♪

 

地方の小さな呉服店ですが、弊店の仕事をして下さる職人さん方は一流の仕事師ばかりだと自負しております。
それを、全国の呉服店やメーカーを回られている目の肥えた編集長に前号の取材の時お褒めいただき、本当に嬉しく思いました。

 

ダイレクトに職人さんと一緒に物作りが出来る体制があるからこそで、長年の信頼の積み重ねのようにも感じています。

 

そして、物作りが出来るのもご贔屓いただくお客様あってのこと。
いつも応援してくださって、本当に有り難うございます!

 

 

「薔薇の花束の染名古屋帯を作りたいの。」
とご依頼をいただき、無事完成いたしましたM様の御誂えのご様子を弊サイトで御紹介させていただきました。

 

『お誂え(染名古屋帯の御誂え)』

薔薇の花束の染名古屋帯(兵庫県M様)

 

 

 

 

 

 

パステル調帯揚げ、帯締めのコーディネート

パステル調の帯締め・帯揚げの組み合わせ

寒い日が続きます。今日は各地で雪模様ですね。
皆様、お体ご自愛下さい。

 

サイトでは、一足早く春向き商品の掲載を続けています。

パステル調の段暈かし帯揚げが入荷しました。

木の葉が水に流れるような、遠州組/三枚縫い合わせ の帯締めを合わせてみました。
パステル調の組み合わせで、春の日射しの中、爽やかにどうぞ。

 

パステル調帯揚げ、帯締めの組み合わせ

 

パステル調帯揚げ、帯締めのコーディネート

 

こちらの商品は、ショッピングサイトに掲載しております。

帯締め 遠州組/三枚縫い合わせ・白×青藤色
帯揚げ(三色暈し/薄浅葱色×水色)

 

 

 

 

 

天神唐草刺繍の帯揚げと高麗組矢羽根柄の帯締めのコーディネート(拡大)

礼装としての帯締め・帯揚げ、春向き爽やかコーディネート

本日は、礼装としての帯締め・帯揚げの組み合わせをご紹介いたします。

 

帯揚げは、弊店の定番「天神唐草の刺繍」帯揚げです。

縮緬地ですが、薄い色目に刺繍が入る事で、使い易く優しい礼装の帯揚げとなっています。

そこへ明るい山吹色の帯締めで、春らしい爽やかコーディネートとしました。

ご参考になれば幸いです。

 

天神唐草刺繍の帯揚げと高麗組矢羽根柄の帯締めのコーディネート

 

天神唐草刺繍の帯揚げと高麗組矢羽根柄の帯締めのコーディネート(拡大)

 

こちらの帯締め・帯揚げも、それぞれショッピングサイトで表示しております。

帯締め 高麗組矢羽根/山吹色

帯揚げ(天神唐草・刺繍/薄クリーム地・縮緬)

 

 

 

 

 

帯揚げ(カラフルボーダー/若草色×桑の実色×橙色)

帯締め・帯揚げの春向き組み合わせ

ショッピングサイトでは、お勧めの帯締め・帯揚げも順次掲載しております。

 

昨日は、立春。

暦の上では春がやってきました。

そう言えば、ガラス越しに差し込む日射しが少し春めいているような…。

 

春先のお洒落着にお勧めの帯締め・帯揚げを組み合わせてみました。

 

帯揚げ(カラフルボーダー/若草色×桑の実色×橙色)

 

帯揚げ(カラフルボーダー/若草色×桑の実色×橙色)拡大

 

こちらの帯締めは、それぞれショッピングサイトで表示しております。

帯締め ゆるぎ組/冠組(No.3 淡黄色)

帯揚げ(カラフルボーダー/若草色×桑の実色×橙色)

 

これからも折に触れ、お勧めの組み合わせご紹介して参ります!

 

(店長)

 

 

 

 

zo_confirm

「草履・下駄 お問い合せ&画像確認サービス」の送信フォームをスマホ対応に変更しました。

ショッピングサイトの『履物(草履・下駄)』

 

>  礼装花緒草履   > 洒落花緒草履  の各ページ 下、

 

 

[ 組み合わせに迷ったときは ] お問合せ&画像確認サービス

 

草履・下駄 お問合せ&確認サービス

 

で表示されるお問合せフォームを、スマートフォンでご覧いただくときに画面を最適化するようにしました。

 

どうぞ、ご利用下さい。

皆様にご利用していただきやすいように、他も順次改良して参ります。

よろしくお願いいたします。  (店長)

 

 

 

 

 

本革草履

ショッピングサイト『履物(草履・下駄)』のページ、リニューアルしました。

ショッピングサイトの『履物(草履・下駄)』のページをリニューアルいたしました!

 
お足に合わせて花緒の挿げ調整が出来、足当たりがソフトなので「履きやすくて疲れない。」とご好評の楽艸さんのお草履ですが、以前は、花緒と草履をそれぞれ別のページから選びカートに入れていただく仕様でした。
使い勝手向上の為、この度、同じページ内でお選びいただけるようにいたしました。

 
是非、貴女仕様のお草履をお試し下さい。

 

礼装花緒へ

洒落花緒へ
草履のお誂え

 

今後も随時改良を続けてまいります。ご意見お寄せいただけますと幸いです。

 

 

 

 

 

きものSalon(きものサロン)様取材

きものSalon(きものサロン)様取材の日

15日、16日と全国的に雪で大変な日となりました。
こちら姫路は温暖な気候で、市内は一年の内一度雪が2cm位積もる位なのですが、昨日は姫路市北部で積雪のため孤立する住宅が出るほどでした。

 

そして15日(月)は、"家庭画報特選「きものSalon」"様の弊店取材の日。
2016年秋冬号「行ってみたい 噂の呉服店」の第2弾です。
前回の取材時、きものSalon編集長様に、弊店オリジナル作品の数々をお気に入っていただき、是非2回目をとリクエストを頂戴していたのです。

 

今回は姫路のお客様が、御誂えいただいた帯を締めてのご登場です!

お誂えの帯の出来上がりに合わせて取材を1月にずらしていただいたのですが、なんと、こちらでは滅多に降らない雪がこの日にあたるなんて…。

 

姫路城辺りでの撮影でしたので雪が心配でしたが、撮影時は、ちょうど雪も止んで晴れ間が覗き、無事終了。ほっとしました。
誰の行いが良かったのでしょう?(^_^)v
お客様、寒い中ありがとうございました。

編集長様、カメラマン様も雪の為、前泊されての取材。ありがとうございます。

 

きものSalon(きものサロン)様取材

 

 

こうして取材していただけるのも、お誂えをご依頼いただくお客様、そしてデザインを作品として作って下さる職人さん方、仕立て師さんがいらっしゃるお陰です。ありがたい繋がりに感謝です。
今回の記事は、2月20日発売の「きものSalon 春夏号」に掲載されますので、是非お手に取ってご覧下さい。

 

(店長)

 

 

 

 

紅白水引のゆるぎ組み帯締め

一本の紐にも寿ぎの気持ちを託す「紅白水引の帯締め」

やっと入荷いたしました!

 

紅白ゆるぎ組帯締め

 

品切れになっておりました「ゆるぎ組/冠組・紅白水引の帯締め」、昨年度品切れの後、すぐに発注をかけておりましたが、出来上がりが遅くなりやっと入荷いたしました。

 

新年会や祝賀の会等、寿ぐお席にお使いいただけますととても華やぎます。
是非、ご利用下さい。

 

欠品すると次回の入荷までかなりのお時間を頂戴することが多くなってまいりましたので、お気になってらっしゃるお客様は、是非「有る時に」御用命くださいませ。

 

 

■ショッピングサイト「帯締め ゆるぎ組/冠組・紅白水引」のページ

 

■着用のご参考は、『着心地ご案内』【帯締め】紅白の帯締め のページをご覧下さい。

 

紅白水引のゆるぎ組み帯締め

 

 

紅白水引のゆるぎ組み帯締め(紅房)

 

 

紅白水引のゆるぎ組み帯締め(白房)

 

 

 

 

 

のし02

☆祝・ご成人☆

今日は成人の日ですね。穏やかな日をお迎えになられたことと思います。

 

今年ご成人となられた皆様、おめでとうございます!
これからの人生が、幸多き日々でありますよう、お祈り申し上げます。

 

 

_

 

 

新年おめでとうございます。

新年おめでとうございます。良いお年をお迎えの事とお喜び申し上げます。
旧年中はご愛顧賜り誠に有り難うございました。

 

お休み中は大変ご不便をお掛けいたしました。

7日より通常営業いたしております。心を新たに今年も頑張って参ります!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

只今、年末年始 全品送料無料キャンペーン中♪です。

誠に勝手ながら、明日12月29日~新年6日まで冬期のお休みを頂戴いたします。

その間、皆様にはご不便をお掛けいたしますがよろしくお願い申し上げます。

 

通常は、一度のお買い上げ10.000円(税抜)未満の場合、送料 500円(税抜)頂戴しておりますが、休業期間中は、それ未満でも全品送料無料で承ります。プレゼントやご自分使いに是非お役立てください。 (ショッピングサイトの場合は、カートで送料無料となります。)

 

  ※商品の発送は新年7日からとなります。

 

 

 

 

 

サンタクロース名古屋帯

おでんとサンタクロースの名古屋帯

いつも有り難うございます、すずめでございます。

今日は18日の日曜日、
次の日曜日がクリスマス、そして次の日曜日はなんと来年の1月1日!!

早過ぎます、信じられません。

愕然とカレンダーを眺めております。。

さて、この季節になると締めたくなるのがこの帯。
「おでんとサンタクロース」♪
プレゼント配りに忙しいサンタさんがお疲れを癒すべく、おでん屋の暖簾をくぐり、
ひととき寛いでいるクリスマスもしくはクリスマスのその後の情景。

弊店から徒歩10歩以内(ホントにご近所)に老舗のおでん屋さんがありますので、何となくご縁を感じ締めている帯なのですが、
実際にもし暖簾の向こうにサンタさんが居たとしたなら、
それはどこかの店員さんか心優しいお父さん、ですよね♪

 

毎年活躍のこの帯、
今年は主に黒地の十日町紬と産地不明のお下がり紬に合わせ、楽しんでます。

 

サンタクロース名古屋帯

 

綾竹組帯締め

 

オリジナル縮緬二色暈し帯揚げの№7白縹色の帯揚に、帯締めは支子色とグレイの綾竹組。
(オリジナル帯揚げ、補充も出来ずそのまま状態。本当に申し訳ございません…)

帯揚げは襦袢の色に、帯締めは八掛とリンクさせたセレクトです。
襦袢って、つい後回しにされがちですが意外と目立ちますよね。

 

産地不明の緑絣の紬には赤の観世組帯締めと、黒地の輪出し帯揚げを。
着物も緑、何となくクリスマスらしい雰囲気になったでしょうか。

観世組帯締めコーディネート

 

この帯のもう片方の柄はプレゼントとワインボトル(一升瓶?)。
帯揚げもグリーンで、よりクリスマスらしく。

観世組帯締めコーディネート

 

最後はぐっと渋く。クリスマスを意識しない時の冬バージョンです。

サンタクロース名古屋帯前腹
黒地の輪出し帯揚げも赤の絞りが出るか出ないかで、かなり印象が違います。
帯締めは袋状になっていてとても締めやすく、お気に入りの一本。
複雑な組と色を上手く組み合わせている帯締めです。同色は品切れですが、他のお色の帯締めは弊店サイトに掲載しています。

 

帯締め、帯揚げを変えることでかなり印象は変わりますよね。

合わせ方が分からないというお声を頂戴することもありますが、”合う、合わない”も感覚次第で正解などはなく、極論すればご自身が合う♪と思えばそれでよいのでは、と思う私でございます。もちろん、正装着等は社交のルールに則るとして、それ以外のお洒落着は、もっと自由に♪着物を楽しみいたいですね。

コーディネートのご相談も、私でよろしければどうぞお申し付けくださいませ。

 

 

 

 

 

 

帯揚げ 無地(縮緬地) 緑系 グリーン

緑系の帯揚げでクリスマスコーディネート

こんにちは。店長です。
今月も半ばとなり、街中 ネオンが煌めきクリスマス一色ですね。

 

今年は日の並びも良く、クリスマスのお食事やパーティーに着物でお出かけのご予定の方も多いのでは無いでしょうか?
コーディネートで悩んだときに、緑や赤のクリスマスカラーを小物で一色入れるだけで雰囲気が一気に変わります!

 

この度はショッピングサイトに緑系の帯揚げを掲載しました。

 

帯揚げ 無地(縮緬地) 緑系 グリーン

 

http://www.erishin.com/shopbrand/006/002/X/

 

着付けた時に少し覗くだけですが、そこが効きますね。

グリーンの帯揚げ、クリスマスコーディネートのアクセントにお役立て下さい。

 

 

 

 

年の瀬の『蔵の市』終了いたしました。

『蔵の市』(11日まで)無事終了いたしました。

 

ご来店、ご注文いただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

誠に有り難うございました!

 

さて、年内のお納めですが、着物のお仕立て、草履・バッグの御誂えは終了いたしました。

帯のお仕立ては、年内に間に合いますのでどうぞお申し付けくださいませ。

お手入れ品は来年仕上がりとなります。

 

 

 

 

姫路大手前通りの銀杏並木

姫路 大手前通りの銀杏

こんにちは。寒さがちょっと苦手な店長です。

 

ここのところの冷え込みで一気に銀杏の葉が色付きました。

今日はあいにくの雨ですが、写真は昨日撮った弊店のすぐそこに有る大手前通りの銀杏並木です。

 

姫路大手前通りの銀杏並木 姫路大手前通りの銀杏並木

 

姫路駅から姫路城へ真っ直ぐに銀杏並木となっているのです。
普段は何気なく歩いていますが、この時期は秋の色に染まり光が当たったときはキラキラとても綺麗です。

 

姫路大手前通りの銀杏並木

 

弊店は、ちょうどその真ん中あたりに位置しますので、宜しければ観光途中にでも覗いてみて下さい。

 

 

 

 

 

楽艸(らくそう)真綿入り草履

楽艸(らくそう)さんのお草履

いつも有り難うございます。すずめでございます。
すっかり寒くなってまいりましたね!
皆様お風邪などお召しになってらっしゃいませんか。
ご体調には充分お気をつけてくださいませ。

 

さて、今日はお草履についてご説明させていただきます。

弊店定番としてお世話になっていますのは東京浅草の楽艸(らくそう)さま。
高橋さんがブランドを立ち上げた初期の頃からのお付き合いになるので、もう15年位にはなるのでしょうか。

浅草は職人の街。
気風の良さや頑固なお仕事ぶりをお伺いするのも楽しく、
商品の作られる過程、成り立ちが分かるお仕事である、
何よりそのことを、私共は大切に思っています。
その街で本物志向の草履を作り続ける楽艸さんを私達は信頼しています。

 

さて、楽艸さんの本革草履台は、
「ほっそり型」「標準型」「小判型」と3タイプあり、

このうち、弊店がご案内していますのは「標準型」です。
程よい草履幅で、両端から御足がこぼれてくじけるような心配もなく、また、逆に幅が広すぎることもないよいフォルム。
一番大切な履き心地も当然良くて、長時間お履き頂いても疲れません。

楽艸さんにお伺いしても、
殆どのお客様が標準型になさるそうですし、弊店の実店舗&ネット店舗共、この標準型のみご案内しておりますが、稀にほっそり型をお勧めすることもございます。
また、従来の細めの台がご希望のお客様は御足のサイズに関わらずこの台がお好みかもしれませんね。

台の種類についてもお気になられましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

そして、真綿。

 

今、台の天面に真綿が入ってクッション性を高めたお草履台が増えてまいりましたね。
足当りがソフトで長時間履いても疲れないとご好評のようです。
楽艸さんでももちろんご用意があり、お時間は頂戴致しますが、お好みの本革色でオーダーを承ります。

 

ただ御値段が…

確実に二足分の御値段にはなりますので、
楽艸さん曰く、
それだったら通常の本革台にしようかしら、と仰るお客様が多いそうです。

真綿の台は、天面がふんわり盛り上がっているのです。
下記の画像は、私の私物真綿入り草履ですがお分かりいただけますでしょうか。

 

楽艸(らくそう)真綿入り草履

 

楽艸(らくそう)真綿入り草履

 

 

 

胡桃色の台に同色の革ハナオ、前坪は白の革の組み合わせです。

 

大切なお客様にご紹介するには、全て自身で試し納得ゆくお品のみをご案内したいので、 真綿入りを誂えて履かせてもらってるんですが、 個人的には、今の処通常の台で充分かな、、というところです。

 

しかしながら、足当りはソフトで確実に違いはございます。

長時間履き続けることが多い方
とにかくソフトで優しい履き心地を求めるお客様にはお勧めです。

こちらもご興味お有の方はお気軽にお申し付けくださいませ。

 

 

 

 

 

 

スワロフスキー雪の結晶柄帯揚げ

スワロフスキーの雪の結晶柄帯揚げ掲載。クリスマスコーディネートにもどうぞ。

ショッピングサイトにスワロフスキーで雪の結晶をデザインした帯揚げを掲載しました。
濃い暈かし地にスワロフスキーの輝きが上品で綺麗。
クリスマスやパーティーに大活躍間違い無し!です。

 

帯揚げ(雪の結晶/千歳緑×白緑)

スワロフスキー雪の結晶柄帯揚げ

 

帯揚げ(雪の結晶/紺青×雲井鼠)

スワロフスキー雪の結晶柄帯揚げ

 

丸唐大和組帯締めとコーディネートしても楽しいですね。

 

 

 

 

本袋帯(桃山老松梅文)

『旬のお勧めコーディネイト』、礼装シーンのコーディネートもご紹介しております。

これからのシーズン、お洒落着でのお出かけも多くなりますが、パーティーや披露宴等々、礼装での着物ご着用シーンも増えて参りますね。

 

弊サイトの『旬のお勧めコーディネイト』では、弊店の礼装向けの着物・帯・帯締め・帯揚げをトータルでコーディネートし、ご紹介しております。

皆様のご参考になれば幸いです。

 

勿論、和装小物単品でのお買い求めも喜んで承ります。

お目に留まる品がございましたら、どうぞお気軽にお申し付け下さい。

 

-------------------------------------

■コーディネート例

【袷】のコーディネート 「迎春 梅の付下」

【袷】のコーディネート 「琳派揃え 濃地の付下と名古屋帯」

-------------------------------------

 

 

 

丸唐大和組

三色で楕円形の丸唐大和組帯締め

来週からは11月。めっきり涼しくなるこの季節、何処かに色を効かせたくなりますね。

 

楕円形のフォルムでビビッドな色遣いでご好評の帯締め「丸唐大和組」。

 

片面が二色でもう片面が一色の無地になっていますので、締めた時に左右「二色」「無地の一色」、また、後ろで捻り「片方を二色でもう片方を一色」というふうに締め方により三色のアレンジを楽しんでいただけます。

 

それぞれの締めた感じを、こちらの『着心地ご案内』■丸唐大和組 三通りの結び方 でご紹介しています。

 

 

 

 

2016年染織展「COLORS」、終了いたしました。

昨日(24日)までの、2016年染織展「COLORS」、終了いたしました。

 

お忙しい中ご来場いただきました皆様、サイトよりご注文いただきました皆様、誠に有り難うございました!
お陰様で今年も無事秋の展示会が終わりました。御礼申し上げます。

 

さて、来週はもう11月。サイトの更新も張り切ってまいります。

皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

呉服えり新展示会、秋の染織展「COLORS」

今日から始まりました、2016年染織展「COLORS」

いつもお世話になっております、すずめでございます。

 

今日から始まりました、2016年染織展「COLORS」。
私は、この秋、初の袷着となりましたが、 昨日までの暑さも和らぎ、お陰様で過ごしやすい一日でございました。
久方振りの裏付き着物の落ち感。

手に取る感覚が単衣と違って、おお、きましたね~と少し嬉しくもあり。単衣のほうが断然涼しいのに、高揚感はやっぱり袷着でございますね。

 

この度の展示会の初お披露目は染殿近與さまの作品の数々。

 

えり新展示会、秋の染織展「COLORS」近與
当然ながら、今までにも作品を拝見する機会は度々あったのですが、 今、 弊店のお客様にご紹介したい!と思ったのです。

派手では?と感じる色柄でも、 はおっていただくと意外に似合ったり致します。
この感覚は、実際にお顔に当てていただかないと分かり難いので、 いろいろとお顔に当てて、お楽しみいただけましたらと存じます。

 

ご多忙とは存じますが、ご来場頂けますと幸いです。

 

私が着ていますのは、近與さまの付下(松竹梅柄)で、帯は夢訪庵さま。

 

近與さん付下着姿

 

 

 

 

 

 

【楽艸お誂えバッグ】龍村葡萄唐草文(白金)

弊店定番の「楽艸(らくそう)/龍村葡萄唐草文(白金)バッグ」の横幅が短めタイプ入荷しています。

弊店定番の「楽艸(らくそう)/龍村葡萄唐草文(白金)バッグ」の横幅が短めタイプ入荷しています。

 

【楽艸お誂えバッグ】龍村葡萄唐草文(白金)

 

着物でのお出かけ、いざという時に困るのは、意外とバックですね。
礼装着は、ご自身の品格やマナーが問われるシーンでもございますので、和装の為に作られた上質なバックをお持ちになると安心です。

 

弊店の定番、楽艸(らくそう)の「龍村葡萄唐草文(白金)/横長タイプ」の横幅が短めのタイプです。

通常はお誂えとなり、こちらのタイプは、お届けまでに約三ヶ月~とお待ちいただく場合が多いのですが、弊店が発注しておりました品が入荷しました。

 

横長タイプと比べ、厚みと高さは同じで、バックの幅を短くしたやや小さめサイズです。
小振りとはいえ、金封包みはそのまま入る長さですので、会費やお祝いをご持参いただく際にも困りません。

 

【楽艸お誂えバッグ】龍村葡萄唐草文(白金)/横長タイプ との比較

「龍村葡萄唐草文(白金)/横長タイプ」(写真右側)との比較

 

アクセサリーの一つではなく、実用も兼ね備えたフォーマルバックをお探しの方に 是非お勧めいたします。
お揃いの花緒のお草履もご用意承ります。

 

【楽艸お誂え草履】本革艶消台(アイボリー)/龍村葡萄唐草(白金)二石ハナオ 

こちらは、弊店定番、楽艸の「【お誂え草履】本革艶消台(アイボリー)/龍村葡萄唐草(白金)二石ハナオ」です。他に白金台や金台、白台等でもお作り出来ます。

 

 

 

『旬のお勧めコーディネイト』で、紅葉の帯と芝崎圭一さんの座繰紬無地を合わせてご紹介しております。

21日からの展示会「COLORS」にちなみご紹介しておりますカラフルな紅葉の染帯、『旬のお勧めコーディネイト』で芝崎圭一さんの座繰紬に合わせてコーディネートでご紹介しております。

 

芝崎圭一さんの紬は、焦げ茶色の無地、座繰り紬ならではの色の出方と艶感が素敵です。

奥深い発色ですので、ご年齢を問わずお顔映りが良く、帯合わせも楽しくなる着物となるでしょう。

是非、ご覧下さい。

 

■ 焦茶色の芝崎圭一さんの無地紬に紅葉の帯

 

 

 

 

2016年10月着物展示会「COLORS」ご案内

秋の展示会10月21日(金)~24日(月)皆様のご来場お待ちいたしております。

今年の秋の展示会、染織展のテーマは『COLORS』。

 

色と色、柄と柄、色と柄の着物ならではの組み合わせの楽しさをご提案してまいります。

 

2016年10月着物展示会「COLORS」ご案内

 

創業享保弐年の老舗「染殿近與」さんの作品は、弊店初登場。

人間国宝 故・稲垣稔次郞氏の柄を今風の色に染め上げた着物と染帯をご覧いただけます。

 

また、古典モダンな染織作品はもちろん、今秋冬の弊店オリジナル創作品を発表いたします。

 

いつもと一味違う展示会お楽しみ下さい。

皆様のご来場心よりお待ちいたしております。

 

店舗とは別場所となります。

 

   ※終了しました。ありがとうございました。

 

 

 

店舗の金木犀

『旬のお勧めコーディネイト』更新しました。

明日からはもう10月ですね。

庭の金木犀から良い匂いが薫ってきて、毎年この香りが届くと、秋が来たんだなと実感します。

 

店舗にも持って来ました。

 

店舗の金木犀

 

 

サイトでは、これからの季節の御昼間のお出かけや、ちょっとしたパーティにもお使いいただける丸菊紋の飛び柄小紋と御所解の名古屋帯を合わせたコーディネートをご紹介しました。

 

白の丸菊文と御所解きの白の糊糸目が互いに引き立て合い、また、帯の刺繍や友禅の彩色が更に綺麗に浮かび上がってくるようです。

 

『旬のお勧めコーディネイト』 ■飛び柄小紋に御所解きの染帯を

 

 

ショッピングサイトも更新続けております。

ショッピングサイト( erishin.com )には、

御所解の染帯や、弊サイトの『旬のお勧めコーディネイト』でご紹介しました付下や袋帯を掲載しました。

カートに直ぐに入れてお買い物していただけます。

 

他のページでショッピングサイトへのリンクが無い商品に付きましては、お問い合わせいただきましたら専用のご決済画面をお作りいたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

 

御所解の染帯を小紋に合わせたコーディネートも近々掲載予定です。

お楽しみに!

 

「男児用 お宮参り着のお誂え」ご紹介しております。

いつもお世話になっておりますK様からのご依頼で、初孫様用にお誂えさせていただいた、男児用お宮詣り着をご紹介しております。

 

「黒羽二重の紋付きで」というご指定。お嬢様の研究テーマが「亀」ということも有り、長寿の柄「萬年亀」と「波」を金彩と刺繍で仕上げることとなりました。

 

黒の上に丁寧に金で描かれた文様が浮き上がります。
お誂えならではの素敵な一枚となりました。

 

こちらのページにてご紹介させていただいております。
よろしければご覧下さい。

 

男児用 お宮参り着のお誂え(兵庫県 K様)

 

 

 

『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』終了いたしました。

『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』終了いたしました。

 

皆様のご利用、ご来店、誠にありがとうございました!

ご遠方からもお足を運んでいただき嬉しい限りです。

 

皆様のご愛顧ありがとうございます。

 

これからも皆様にご贔屓いただけるように励んで参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます!

『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』セール 開催中です♪

弊サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

昨日(9月9日)より、実店舗・当オフィシャルサイト・ショッピングサイト にて、『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』セール 開催いたしております。

沢山のご利用誠にありがとうございます。

連休の9月19日(月)まで開催しておりますので、とてもお得なこの機会を是非ご利用下さい。

 

 

『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』セールを開催いたします。

皆様、リニューアルいたしました弊オフィシャルサイト、如何でしょうか?

 

スマホやpadにも最適化されるように、システム自体を全く新しく変更いたしましたので、作業に随分時間がかかりましたが、その分以前より見やすくなったのでは、と思っております。が、ご不便な点等ございましたらお教えいただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

 

そして、

お陰様で、弊オフィシャルサイトは、15周年を迎え、先日リニューアルオープン。

ショッピングサイトは、10周年。と、今年は弊店にとり記念の年となりました。

これもご贔屓賜る皆様のお陰と御礼申し上げます。
つきましては、9月9日(金)~19日(月)まで、皆様に感謝の『メモリアルイヤー&オフィシャルサイトリニューアル記念』セールを開催させていただきます! 是非、この機会をご利用下さいませ。

 

呉服えり新オフィシャルサイト

当オフィシャルサイト、本日リニューアルいたしました!

いつも弊店をご利用いただき誠にありがとうございます。

より便利に、見やすく、皆様に楽しんでいただけますように、本日、当オフィシャルサイトをリニューアルいたしました!

『旬のお勧めコーディネイト』では、種類別にタグで選んでいただける機能もございます。
また、既にショッピングサイト( http://www.erishin.com )は、スマートフォンに対応しておりましたが、オフィシャルサイトも今回より、スマートフォンに対応いたしました。どうぞご利用ください。

なお、ショッピングサイトからのオフィシャルサイト商品へのリンク切れが有る場合がございますが、順次修正して参りますので、よろしくお願いいたします。お買い物は通常通りしていただけます。

これからも皆様に御愛顧いただけるように励んで参ります。
実店舗共々、今後ともよろしくお願い申し上げます。

えり新掲載-きものSalon2016-17秋冬号

「きものSalon 2016-17 秋冬号」で弊店が紹介されました。

8月20日に発売の「きものSalon」様の
「編集長が行って来ました!行ってみたい噂の呉服店」のコーナーで弊店が紹介されました♪
145ページです。是非ご高覧くださいませ!

 

えり新-きものSalon掲載ページ

 

 

着物や帯の雑誌掲載は時々ございますが、(今年の夏も能登上布を「美しいキモノ」様に提供させていただきました。)店自体を取り上げていただくのは、久しぶり。
きものSalon様には2007年の秋号でも「オリジナルが魅力の太鼓判呉服店」として店そのものを取材していただきましたので、有難い限りでございます。

 

お客様の御誂えのご様子が中心の撮影だったのですが、和気藹々とした楽しい取材でございました。
行き届かないことも多い私共ですが、お客様にご満足いただき、着物の未来の為、職人さん達の為にも努力を重ねてゆかねば、と改めて誓った取材でございました。