よくある質問
仕立てについて
よく頂戴いたしますご質問をこちらにまとめました。

ご参考になれば幸いです。
よく頂戴いたしますご質問をこちらにまとめました。

ご参考になれば幸いです。

仕立てについて

仕立てはどこでされていますか?

お仕立ては、弊社の熟練した仕立て屋が心を込めて手縫いさせていただいております。海外縫製や業者には出しておりません。

仕立代はどれぐらいかかりますか?

お仕立て代については、「お仕立て価格表」をご覧ください。特殊な仕立てを要する品は、別途料金を頂戴する場合がございます。

仕立てにかかる期間はどれぐらいですか?

加工内容やその時々の仕立ての混み具合によって違ってまいりますが、弊店では、海外縫製や和裁教室などの外注に委託しておりませんので、比較的早いお届けが可能です。お急ぎの方やご使用日がお決まりの方は、予めその旨お知らせ下さい。 出来るだけご希望に添うようお手配いたします。

仕立ての寸法が分かりません。

初めて着物を作られる場合は、身長・裄丈・バスト・ヒップ・ウエストの各サイズよりこちらで着物寸法を割り出します。ご寸法が分からない場合は、お手持ちの着物(襦袢)を弊店宛てお送りいただけましたら、こちらでお測りいたします。

寸法のご連絡は、 《 お着物・浴衣 》 寸法送信フォーム《 長襦袢 》 寸法送信フォーム をご利用下さい。メールやFAXでも結構です。

 

 

ネットショップのオプション(選択)に無い仕立て方をしたいのですが。

紋入れや特殊なお仕立てなど、オプション設定以外の様々なお仕立て方法、加工方法を承ります。カートでのご注文時、オプション欄では「仕立ては相談後」をお選び下さい。メール、もしくは御電話でご相談の上、進めてまいります。

名古屋帯の開き仕立て等は出来ますか?

承ります。ご要望に応じてお仕立てさせていただいております。
正絹の帯裏専用無地等、各種ご用意がございますので、カートでのご注文の場合は、オプションで「仕立ては相談後」をお選び下さい。メール、もしくは御電話でご相談の上、進めてまいります。

コートを変わり衿(道行衿以外)で仕立てたいのですが。

承ります。都衿やへちま衿、被布衿など、各種変わり衿のご依頼も承ります。メールもしくは御電話でご相談の上、進めてまいります。

居敷当ては付けた方がいいのですか?

お着物では、単衣着全般にお勧めしておりますが、盛夏ご着用の浴衣着や木綿等、浴衣や木綿以外にも水洗い前提の商品については、お勧めしない場合もございます。いずれも着物の種類やお客様個々により違ってまいりますので、ご相談くださいませ。

バチ衿・広衿どちらにした方がいいですか?

主に浴衣の仕立て時に頂戴することが多いご質問ですが、昼間のお出かけ着としての浴衣の場合では、広衿のご注文を多く頂きます。広衿のほうがより着物らしい雰囲気をお愉しみいただけますし、着付けにより衿巾の加減を調製いただけるメリットもございます。しかし、バチ衿でも外見的に大きく差があるわけではなく、どちらでも問題はございません。より簡便な着付けをご希望の場合は、バチ衿をお勧め致します。

ガード加工をした方が良い場合を教えて下さい。

ガード加工は万が一の保険です。ガード加工の有無によりお手入れの頻度が違ってくるわけではございませんので、あくまでも外出先での不意の水汚れ(泥跳ねやお飲み物による汚れ)対策として、また、縮みやすいお召しなどの縮対策として、ご検討ください。会食や野外のお出かけなど、汚れる恐れがあるシーンに、薄色の着物や帯をご着用なさる場合は、ガード加工を施すことによって、安心してお過ごしいただけるように思います。

ガード加工すると風合いは変わりませんか?

弊店では地元悉皆業者の“しらさぎガード加工”をお勧めしておりますが、風合いの変化はございません。

浴衣に水通しは必要ですか?

綿は水洗いにより必ず縮みます。また、水通し処理した後も縮む場合がございます。縮みが著しい織りの木綿着物は、水通しをお勧めいたしますが、浴衣(木綿地)の場合、予め大きめのご寸法で縫い、縮みに対応出来ますので、水洗いの有無については、お客様のご希望により承ります。